• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

交渉長期化の原因か イチローが突きつける移籍の「付帯条項」

 イチロー(41)の移籍先が決まらない。米全国紙「USAトゥデー」のボブ・ナイチンゲール記者が7日(日本時間8日)、自身のツイッターに「オリオールズ、マーリンズに加えてブルージェイズもイチローに興味を示している」と記した。

 実績抜群で、カネにこだわっているわけでもない。にもかかわらず、代理人が「もう少し時間がかかるかもしれない」と長期戦を視野に入れている理由は、イチロー側が望む「付帯条項」に原因があるといわれる。

 メジャーリーガーの契約は通常、ベースとなる年俸に加え、成績に応じた出来高払いやトレード拒否権などを盛り込む。イチロー側は今回、この付帯条項に「最低出場試合数」と「最低打席数」をどうしても加えたいというのだ。

 米代理人関係者がこう解説する。

「イチローは残り156本に迫ったメジャー通算3000本安打の今季中の達成に躍起になっています。それで当初はレギュラーを確約してくれる球団を探していたのですが、なにしろ41歳。盛りの過ぎたべテラン外野手に定位置を保証する球団はなく、交渉は不調だった。それならと、今度は試合数と打席数の確約を主張しているというのです。一説には昨季の出場試合数(143試合)を上回る150試合出場と、500打席(昨季は計385打席で102安打)を最低条件にしているともいいます」

「150試合」に「500打席」といえば、ほとんどレギュラーに匹敵する数字。あくまでイチローを「4人目の外野手」としか評価しない各球団との隔たりは大きく、簡単に折り合いはつきそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る