解説者感覚抜けず…SB工藤監督に「孫子の兵法」のススメ

公開日: 更新日:

「アタマの中はまだ解説者だから育成やトレーニングのことばかり気になるんでしょうね」

 某テレビ関係者がこう語るのが、ソフトバンク工藤公康監督(51)のことだ。

 11日に都内で行われたトレーナーを対象とした講演では、シーズンの抱負として「選手育成を一番大事にしたい。二軍、三軍選手を育てたい」と断言。そのうえで、全選手の故障歴を調査しながら、各選手のトレーニング法を考えていくことを明かした。

 29年間という長期にわたって現役を続けた工藤監督。選手に一日でも長くプレーを続けてもらいたいという思いがあるからかもしれないが、「一軍監督」が育成ばかりに重きを置くスタイルでいいのだろうか。

 元巨人投手コーチの高橋善正氏は「二軍監督やコーチ、トレーナーならともかく、一軍監督が育成を考える必要はない」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る