日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

解説者感覚抜けず…SB工藤監督に「孫子の兵法」のススメ

「アタマの中はまだ解説者だから育成やトレーニングのことばかり気になるんでしょうね」

 某テレビ関係者がこう語るのが、ソフトバンクの工藤公康監督(51)のことだ。

 11日に都内で行われたトレーナーを対象とした講演では、シーズンの抱負として「選手育成を一番大事にしたい。二軍、三軍選手を育てたい」と断言。そのうえで、全選手の故障歴を調査しながら、各選手のトレーニング法を考えていくことを明かした。

 29年間という長期にわたって現役を続けた工藤監督。選手に一日でも長くプレーを続けてもらいたいという思いがあるからかもしれないが、「一軍監督」が育成ばかりに重きを置くスタイルでいいのだろうか。

 元巨人投手コーチの高橋善正氏は「二軍監督やコーチ、トレーナーならともかく、一軍監督が育成を考える必要はない」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事