• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

解説者感覚抜けず…SB工藤監督に「孫子の兵法」のススメ

「アタマの中はまだ解説者だから育成やトレーニングのことばかり気になるんでしょうね」

 某テレビ関係者がこう語るのが、ソフトバンクの工藤公康監督(51)のことだ。

 11日に都内で行われたトレーナーを対象とした講演では、シーズンの抱負として「選手育成を一番大事にしたい。二軍、三軍選手を育てたい」と断言。そのうえで、全選手の故障歴を調査しながら、各選手のトレーニング法を考えていくことを明かした。

 29年間という長期にわたって現役を続けた工藤監督。選手に一日でも長くプレーを続けてもらいたいという思いがあるからかもしれないが、「一軍監督」が育成ばかりに重きを置くスタイルでいいのだろうか。

 元巨人投手コーチの高橋善正氏は「二軍監督やコーチ、トレーナーならともかく、一軍監督が育成を考える必要はない」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る