イチローがマーリンズと合意間近も「第4の外野手」で起用か

公開日: 更新日:

 かつて安打製造機として西海岸を沸かせたベテラン外野手が今季は東海岸の常夏の地でプレーする。

 ヤンキースからFAになっていたイチロー(41)がフロリダ州マイアミを本拠地とするナ・リーグのマーリンズと合意寸前だという。

 MLB公式サイトが18日(日本時間19日)に報じたところによれば、マーリンズはイチローサイドに2年契約を提示。マーリンズは正式に発表していないが、複数の米メディアは「両者の間で交渉が進展している」と伝えている。

 ヤンキースからFAになったイチローは当初、西海岸を本拠地とする球団でのプレーを希望し、一時は古巣マリナーズやパドレスへの移籍が有力視された。西海岸のチームと強力なパイプを持つ代理人のジョン・ボグズ氏と新たに契約したが、交渉は不調。1月に入ってからはマーリンズの他、ブルージェイズ、オリオールズなどが関心を示していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る