• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローがマーリンズと合意間近も「第4の外野手」で起用か

 かつて安打製造機として西海岸を沸かせたベテラン外野手が今季は東海岸の常夏の地でプレーする。

 ヤンキースからFAになっていたイチロー(41)がフロリダ州マイアミを本拠地とするナ・リーグのマーリンズと合意寸前だという。

 MLB公式サイトが18日(日本時間19日)に報じたところによれば、マーリンズはイチローサイドに2年契約を提示。マーリンズは正式に発表していないが、複数の米メディアは「両者の間で交渉が進展している」と伝えている。

 ヤンキースからFAになったイチローは当初、西海岸を本拠地とする球団でのプレーを希望し、一時は古巣マリナーズやパドレスへの移籍が有力視された。西海岸のチームと強力なパイプを持つ代理人のジョン・ボグズ氏と新たに契約したが、交渉は不調。1月に入ってからはマーリンズの他、ブルージェイズ、オリオールズなどが関心を示していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る