日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マーリンズ入り決定的も…イチローの敵は“曲者”オーナー

 マイアミ・マーリンズ入りが決定的になったイチロー(41)。ベテランの安打製造機を支えているのは、あと156本に迫ったメジャー通算3000安打だが、新天地には難敵が待ち受けている。

 それは自身初のナ・リーグ投手陣でも、高温多湿というフロリダ州マイアミ特有の気象条件でもない。オーナーのジェフリー・ロリア(74)だという指摘がある。

 ロリアは米国有数の画商。1999年、モントリオール・エクスポズのオーナーに就任。02年からマーリンズのオーナーを務めるものの、「球団を投機の対象としか見ていない」ともっぱらだ。

 メジャーには所得分配制度がある。利益を30球団で均等配分しようという制度で、財政面で恵まれない球団を救済するのが目的だ。ロリアはエクスポズ時代からこの制度を悪用、分配金の恩恵を受けながらFAやドラフトにカネをかけないと散々、批判された。マーリンズのオーナーに就任後も同様で、10年には選手会とコミッショナーから選手の年俸総額を引き上げる約束をさせられたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事