• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元巨人ロペスDeNA入り プレー以上に“コスパ良し”の評価

「ウチの戦力を削いだ上に、DeNAのチーム全体にいい影響をもたらすと思う」

 こう話すのは、巨人のチーム関係者。29日、DeNAの入団会見に臨んだロペス(31)に対して、警戒心をあらわにしている。

 巨人時代の2年間で打率.275、40本塁打、112打点を挙げ、5番打者として期待されるロペスは、「優勝を狙えるチームであり、同じベネズエラ出身のモスコーソ、バルディリスとプレーできるのは本当に楽しみ」と意気込んだ。一塁では13年にゴールデングラブ賞を獲得するなど守備力も期待される元巨人の新助っ人に、前出の関係者は「彼は人間性もバツグンにいい」とこう続けた。

「昨夏、阿部が打撃不振で一塁に緊急配転されたときには、ロペスが阿部に手取り足取りでアドバイスをしていた。阿部は『出場機会を奪って申し訳ない』と頭を下げていたが、出稼ぎに来た助っ人がポジションの重なる相手にアドバイスなんて誰もができることじゃない。しかも、出場機会を得るために、やったことのないレフトの守備練習まで始めたほど。メジャー実績があり、プライドもあるはずだけど、あくまでチームのことを優先する姿勢に、選手、関係者も一目置いていたものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る