怪物江川卓が手にした5000万円の小切手

公開日: 更新日:

当時の巨人広報部長が明かした“舞台裏”

 1978年11月21日。ドラフト会議を翌日に控えたこの日、作新学院職員として米国に留学していた怪物・江川卓(59=当時23)は、電撃的に巨人と入団契約を交わした。球界のみならず、大きな社会問題になった「空白の一日」である。創刊4年目を迎えた日刊ゲンダイは巨人の横暴、江川の身勝手を徹底的に批判し、空白の一日の裏側を暴き続けた。その後、巨人と江川の契約は無効とされ、ドラフトで阪神に1位指名された江川は翌年1月31日、小林繁との電撃トレードで巨人入り。しかし、日本中を騒がせた「怪物」の現役生活はわずか9年。87年11月12日に32歳の若さでユニホームを脱いだ。その時、江川が入団時の“密約”にのっとり、5000万円の小切手を手にしたことは知られていない。

「この5000万円で決着がつき、スッキリするならそれでいいのではないか。『空白の一日』がこれですべて終わる。そう思いましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る