若手が黒田博樹に学ぶべきこと 広島・畝投手コーチが持論

公開日:  更新日:

「黒田塾」のスタートまで約2週間だ。

 米で自主トレ中の黒田博樹(39)は18日に始まる沖縄キャンプから合流する。8年ぶりに古巣に復帰する右腕を、今か今かと待ちわびているのが若い投手たちだ。

 日米通算182勝を挙げた大先輩からいろいろなことを吸収しようと意欲満々。プロ4年目の野村祐輔(25)が「ずっと大きなケガをされず、日米で活躍されていますから。まずは体のメンテナンス法です。それと技術的なことですね。いろいろな球種を使って活躍されたと思うので積極的に聞きたいです」と話せば、2年目の九里亜蓮(23)も「一番聞きたいのは動くボールの握りですね。例えば手元で動くツーシームとか。メジャーではそういうボールを使って抑えていたと思うので。マスターできれば自分の投球の幅も広がるはずですから。本人に直接教えてもらいたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る