日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8年ぶり古巣復帰も 広島・新井に託される“本当のお仕事”

「久しぶりだなという感じで動いた。若いころにこの球場でみっちり鍛えられたことを思い出した」

 8年ぶりに古巣へ戻った広島の新井貴浩(38)が感慨深げに言った。

 宮崎県日南市で始まったキャンプ初日。いきなりランチ特打に1時間の居残り特守をこなすなど精力的に動いた新井は、三塁のレギュラー争いにも「横一線だと思う。いいポジション争いがしたいですね」と意気込みを口にした。

 昨季終了後に阪神を自由契約になった直後、真っ先に獲得に名乗りを上げてきたのが、07年オフにFA権を行使して自ら飛び出した古巣の広島。本人が「まさか」と振り返るオファーに感激し、他の球団の話は全く聞かずに復帰を決めた。

「本人は意気に感じていますが、正直、首脳陣の期待は高くはない。昨季は阪神で打率.244、3本塁打、31打点。衰えは顕著で、代打で働いてくれれば、というのが緒方新監督の本音です」と地元放送局関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事