• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8年ぶり古巣復帰も 広島・新井に託される“本当のお仕事”

「久しぶりだなという感じで動いた。若いころにこの球場でみっちり鍛えられたことを思い出した」

 8年ぶりに古巣へ戻った広島の新井貴浩(38)が感慨深げに言った。

 宮崎県日南市で始まったキャンプ初日。いきなりランチ特打に1時間の居残り特守をこなすなど精力的に動いた新井は、三塁のレギュラー争いにも「横一線だと思う。いいポジション争いがしたいですね」と意気込みを口にした。

 昨季終了後に阪神を自由契約になった直後、真っ先に獲得に名乗りを上げてきたのが、07年オフにFA権を行使して自ら飛び出した古巣の広島。本人が「まさか」と振り返るオファーに感激し、他の球団の話は全く聞かずに復帰を決めた。

「本人は意気に感じていますが、正直、首脳陣の期待は高くはない。昨季は阪神で打率.244、3本塁打、31打点。衰えは顕著で、代打で働いてくれれば、というのが緒方新監督の本音です」と地元放送局関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る