黒田以上の期待も 広島“太腹左腕”ザガースキーの実力

公開日: 更新日:

「もちろん、黒田の復帰は大きい。でも、あの太っちょが大化けしてくれたら、黒田以上の戦力になるんだけど」

 広島のチーム関係者がこう言った。笑いながら「太っちょ」と表現したのは、新外国人左腕投手のマイク・ザガースキー(32)である。

 球団史上、外国人選手の初年度最高年俸1億円で注目される中軸候補のグスマン(30)、先発候補のジョンソン(30)と一緒に行った28日の入団会見でも、ザガースキーの容姿はひときわ目を引いた。183センチ、109キロ。でっぷりと突き出したお腹は、浴衣を着せればそのまま国技館に顔パスで入れそうな感じだった。真冬だというのに、長袖のポロシャツをヒジまでまくり、足元はサンダル姿。額にはうっすらと汗をかき、ちょうど誕生日だということで報道陣から差し入れられた大きなケーキを大事そうに抱えて空港を去って行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る