黒田以上の期待も 広島“太腹左腕”ザガースキーの実力

公開日:  更新日:

「もちろん、黒田の復帰は大きい。でも、あの太っちょが大化けしてくれたら、黒田以上の戦力になるんだけど」

 広島のチーム関係者がこう言った。笑いながら「太っちょ」と表現したのは、新外国人左腕投手のマイク・ザガースキー(32)である。

 球団史上、外国人選手の初年度最高年俸1億円で注目される中軸候補のグスマン(30)、先発候補のジョンソン(30)と一緒に行った28日の入団会見でも、ザガースキーの容姿はひときわ目を引いた。183センチ、109キロ。でっぷりと突き出したお腹は、浴衣を着せればそのまま国技館に顔パスで入れそうな感じだった。真冬だというのに、長袖のポロシャツをヒジまでまくり、足元はサンダル姿。額にはうっすらと汗をかき、ちょうど誕生日だということで報道陣から差し入れられた大きなケーキを大事そうに抱えて空港を去って行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る