松井キャンプ視察でチームに刺激 株上げたDeNA中畑監督

公開日:  更新日:

「松井さーん!」

 ブルーのジャンパーに身を包んだ松井秀喜(40)がグラウンドに現れた瞬間、2000人近いファンからはこんな大歓声が上がった。

 5日、松井のDeNAキャンプ視察を追いかけて宜野湾に押し寄せた報道陣は164人。これは新規参入した12年のキャンプ初日、いまも最多記録の180人に匹敵する数字だ。中日OBの杉下茂氏ら多数の評論家もキャンプに訪れた。他球団が休日だったことを差し引いても、普段の数倍のファンと報道陣を集めたのだから、選手も刺激を受けないはずがない。

 その筆頭が今季から新主将となり4番としての期待を背負う6年目の筒香嘉智(23)だ。特打を終えた後、憧れの松井から直接アドバイスを受けた4番候補は「『逆方向の打球を意識して打撃練習をスタートさせるのはいいことだ』と言っていただいた」と感激の面持ち。中畑監督は「松井の持つ雰囲気、何で松井秀喜なのかを肌で感じてほしい」と言っていたが、本人は「雰囲気」以上のものを手に入れたようなのだ。6日には松井、三浦、高橋尚成と同組でゴルフをする予定。滞在3日間のうちに少しでも多くのことを吸収するつもりでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る