松井キャンプ視察でチームに刺激 株上げたDeNA中畑監督

公開日: 更新日:

「松井さーん!」

 ブルーのジャンパーに身を包んだ松井秀喜(40)がグラウンドに現れた瞬間、2000人近いファンからはこんな大歓声が上がった。

 5日、松井のDeNAキャンプ視察を追いかけて宜野湾に押し寄せた報道陣は164人。これは新規参入した12年のキャンプ初日、いまも最多記録の180人に匹敵する数字だ。中日OBの杉下茂氏ら多数の評論家もキャンプに訪れた。他球団が休日だったことを差し引いても、普段の数倍のファンと報道陣を集めたのだから、選手も刺激を受けないはずがない。

 その筆頭が今季から新主将となり4番としての期待を背負う6年目の筒香嘉智(23)だ。特打を終えた後、憧れの松井から直接アドバイスを受けた4番候補は「『逆方向の打球を意識して打撃練習をスタートさせるのはいいことだ』と言っていただいた」と感激の面持ち。中畑監督は「松井の持つ雰囲気、何で松井秀喜なのかを肌で感じてほしい」と言っていたが、本人は「雰囲気」以上のものを手に入れたようなのだ。6日には松井、三浦、高橋尚成と同組でゴルフをする予定。滞在3日間のうちに少しでも多くのことを吸収するつもりでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る