松井キャンプ視察でチームに刺激 株上げたDeNA中畑監督

公開日:  更新日:

「松井さーん!」

 ブルーのジャンパーに身を包んだ松井秀喜(40)がグラウンドに現れた瞬間、2000人近いファンからはこんな大歓声が上がった。

 5日、松井のDeNAキャンプ視察を追いかけて宜野湾に押し寄せた報道陣は164人。これは新規参入した12年のキャンプ初日、いまも最多記録の180人に匹敵する数字だ。中日OBの杉下茂氏ら多数の評論家もキャンプに訪れた。他球団が休日だったことを差し引いても、普段の数倍のファンと報道陣を集めたのだから、選手も刺激を受けないはずがない。

 その筆頭が今季から新主将となり4番としての期待を背負う6年目の筒香嘉智(23)だ。特打を終えた後、憧れの松井から直接アドバイスを受けた4番候補は「『逆方向の打球を意識して打撃練習をスタートさせるのはいいことだ』と言っていただいた」と感激の面持ち。中畑監督は「松井の持つ雰囲気、何で松井秀喜なのかを肌で感じてほしい」と言っていたが、本人は「雰囲気」以上のものを手に入れたようなのだ。6日には松井、三浦、高橋尚成と同組でゴルフをする予定。滞在3日間のうちに少しでも多くのことを吸収するつもりでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る