• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年も巨人キャンプに…ゴジラ松井秀喜「宮崎の憂鬱な夜」

 何とか顔を出してくれる──。昨春、キャンプで巨人の臨時コーチを務めた松井秀喜(40)が、今年は2月3、4日に視察する。当初は難しいとみられていたため、声をかけ続けていた巨人にとっては、たった2日間でもラッキーである。

 もっといればいいのに──なんて声はヤボ。松井は忙しい。翌5日からはDeNAの沖縄キャンプ視察のため、宮崎を離れる。

 巨人の白石オーナーら幹部は「次期監督有力候補」と公言してはばからない。煮え切らない松井を口説くため、巨人が時間を有効に使いたいと考えるのは当然だろう。

 昨年のキャンプ中に、白石オーナーは原監督を交え、松井と会食した。先日のスタッフ会議でも「そういう機会があればありがたい」と話していた。

 今年も松井の日程に合わせ、幹部陣がまたぞろ宮崎入りし、「首脳会談」が開催される可能性はある。この席で再度「次期監督」を打診されるかもしれない。打診されなくても、会食だけでも十分プレッシャーになる。松井が憂鬱なのは、まさにこれだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る