今年も巨人キャンプに…ゴジラ松井秀喜「宮崎の憂鬱な夜」

公開日: 更新日:

 何とか顔を出してくれる──。昨春、キャンプで巨人の臨時コーチを務めた松井秀喜(40)が、今年は2月3、4日に視察する。当初は難しいとみられていたため、声をかけ続けていた巨人にとっては、たった2日間でもラッキーである。

 もっといればいいのに──なんて声はヤボ。松井は忙しい。翌5日からはDeNAの沖縄キャンプ視察のため、宮崎を離れる。

 巨人の白石オーナーら幹部は「次期監督有力候補」と公言してはばからない。煮え切らない松井を口説くため、巨人が時間を有効に使いたいと考えるのは当然だろう。

 昨年のキャンプ中に、白石オーナーは原監督を交え、松井と会食した。先日のスタッフ会議でも「そういう機会があればありがたい」と話していた。

 今年も松井の日程に合わせ、幹部陣がまたぞろ宮崎入りし、「首脳会談」が開催される可能性はある。この席で再度「次期監督」を打診されるかもしれない。打診されなくても、会食だけでも十分プレッシャーになる。松井が憂鬱なのは、まさにこれだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る