今年も巨人キャンプに…ゴジラ松井秀喜「宮崎の憂鬱な夜」

公開日:  更新日:

 何とか顔を出してくれる──。昨春、キャンプで巨人の臨時コーチを務めた松井秀喜(40)が、今年は2月3、4日に視察する。当初は難しいとみられていたため、声をかけ続けていた巨人にとっては、たった2日間でもラッキーである。

 もっといればいいのに──なんて声はヤボ。松井は忙しい。翌5日からはDeNAの沖縄キャンプ視察のため、宮崎を離れる。

 巨人の白石オーナーら幹部は「次期監督有力候補」と公言してはばからない。煮え切らない松井を口説くため、巨人が時間を有効に使いたいと考えるのは当然だろう。

 昨年のキャンプ中に、白石オーナーは原監督を交え、松井と会食した。先日のスタッフ会議でも「そういう機会があればありがたい」と話していた。

 今年も松井の日程に合わせ、幹部陣がまたぞろ宮崎入りし、「首脳会談」が開催される可能性はある。この席で再度「次期監督」を打診されるかもしれない。打診されなくても、会食だけでも十分プレッシャーになる。松井が憂鬱なのは、まさにこれだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る