松井氏が打撃絶賛も 巨人ドラ1岡本を悩ます周囲の“大雑音”

公開日: 更新日:

 この日も緊張しっ放しだった。巨人のドラ1位ルーキー、岡本和真(18=智弁学園)のことだ。

 3日、OBの松井秀喜氏(40)が、宮崎キャンプを訪れた。外野にできた円陣の中心で選手らにあいさつ。午前中は一軍の練習を視察し、午後には二軍球場へ。松井を追って約100人の報道陣が押し寄せたことで、普段は静かな練習場に人垣ができた。

 岡本は「うわっ」と思ったろう。大勢に見られるのはあまり好きではない。初日もそうだった。

 岡本のフリー打撃の時間に合わせ、一軍の原監督と日本代表の小久保監督らが二軍球場に勢ぞろい。打撃投手の球をいきなり空振りして赤っ恥をかいた。「緊張して思い切り空振りをしてしまいました」と苦笑いしたが、この日はそれ以上の人目にさらされた。

 松井に背後から見守られる中、始まったフリー打撃は61スイング中、サク越え3発。練習後、松井に数分間、激励された岡本はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る