• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松井氏が打撃絶賛も 巨人ドラ1岡本を悩ます周囲の“大雑音”

 この日も緊張しっ放しだった。巨人のドラ1位ルーキー、岡本和真(18=智弁学園)のことだ。

 3日、OBの松井秀喜氏(40)が、宮崎キャンプを訪れた。外野にできた円陣の中心で選手らにあいさつ。午前中は一軍の練習を視察し、午後には二軍球場へ。松井を追って約100人の報道陣が押し寄せたことで、普段は静かな練習場に人垣ができた。

 岡本は「うわっ」と思ったろう。大勢に見られるのはあまり好きではない。初日もそうだった。

 岡本のフリー打撃の時間に合わせ、一軍の原監督と日本代表の小久保監督らが二軍球場に勢ぞろい。打撃投手の球をいきなり空振りして赤っ恥をかいた。「緊張して思い切り空振りをしてしまいました」と苦笑いしたが、この日はそれ以上の人目にさらされた。

 松井に背後から見守られる中、始まったフリー打撃は61スイング中、サク越え3発。練習後、松井に数分間、激励された岡本はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る