残留でも控え捕手? 楽天・嶋が抱えるリードの「致命的欠陥」

公開日:  更新日:

「来年も楽天でお世話になりたい。8年間いろいろな方にお世話になった。その分をまだ返していない」

 楽天の嶋基宏(29)が31日、今季、取得した国内FA権を行使せず、残留すると明言した。

 嶋は昨オフ、楽天と4年契約を結んでいるものの、「一定の条件を満たせばFAを認める」との付帯条項があり、その去就が注目されていた。

 かねて水面下で巨人が調査を続けているともいわれ、原監督が来季から大黒柱の阿部慎之助(35)を一塁へコンバートすることを決めたのも、「嶋に対する事実上のアピール」との声も聞かれた。嶋残留のニュースは巨人にとっては残念なことかもしれないが、ほくそ笑んでいる連中もいる。パのスコアラーがこう言う。

「嶋のリードにははっきりとした傾向がある。それは、投手が誰であっても一緒。簡単に言えば、“困ったら外角”という典型的な安全策のリードで、打者からすれば怖さがない。野村元監督も常々『嶋は気持ちが優しいのか、内角を突けないという捕手としては致命的な問題がある』と言ってましたが、嶋がマスクをかぶれば打者は狙い球を絞りやすい。そんな事情から、楽天の投手陣には、高卒5年目の小関翔太(23)の方が人気があるみたい。実際、小関は大胆で傾向の出にくいリードをする」

 ちなみに、ドラ1の松井裕樹(19)が先発初勝利を挙げた8月13日のソフトバンク戦でリードしていたのも小関だった。「今のチームメート、ファンの皆さんと一緒に優勝の味をまた味わいたいと思って決断した」と言う嶋。残留しても、来季は控え捕手かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る