残留でも控え捕手? 楽天・嶋が抱えるリードの「致命的欠陥」

公開日: 更新日:

「来年も楽天でお世話になりたい。8年間いろいろな方にお世話になった。その分をまだ返していない」

 楽天の嶋基宏(29)が31日、今季、取得した国内FA権を行使せず、残留すると明言した。

 嶋は昨オフ、楽天と4年契約を結んでいるものの、「一定の条件を満たせばFAを認める」との付帯条項があり、その去就が注目されていた。

 かねて水面下で巨人が調査を続けているともいわれ、原監督が来季から大黒柱の阿部慎之助(35)を一塁へコンバートすることを決めたのも、「嶋に対する事実上のアピール」との声も聞かれた。嶋残留のニュースは巨人にとっては残念なことかもしれないが、ほくそ笑んでいる連中もいる。パのスコアラーがこう言う。

「嶋のリードにははっきりとした傾向がある。それは、投手が誰であっても一緒。簡単に言えば、“困ったら外角”という典型的な安全策のリードで、打者からすれば怖さがない。野村元監督も常々『嶋は気持ちが優しいのか、内角を突けないという捕手としては致命的な問題がある』と言ってましたが、嶋がマスクをかぶれば打者は狙い球を絞りやすい。そんな事情から、楽天の投手陣には、高卒5年目の小関翔太(23)の方が人気があるみたい。実際、小関は大胆で傾向の出にくいリードをする」

 ちなみに、ドラ1の松井裕樹(19)が先発初勝利を挙げた8月13日のソフトバンク戦でリードしていたのも小関だった。「今のチームメート、ファンの皆さんと一緒に優勝の味をまた味わいたいと思って決断した」と言う嶋。残留しても、来季は控え捕手かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る