ダルも利用価値大 レンジャーズ新指揮官は“データおたく”

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(28)の新たなボスであるバニスター監督(50)は現役時代、主に捕手を務めていたこともあり、データを重視する指導者だ。

 昨季までベンチコーチだったパイレーツでは、ハードル監督の右腕として手腕を発揮。12年に米プロスポーツ史上最長となる20年連続負け越しを記録したボロチームが立ち直ったのは、同コーチの功績が大きい。

 バニスター監督は、統計的手法を用いて選手の実力を客観的に分析するセイバーメトリクスの信奉者だ。

 パイレーツではあらゆるデータを分析して戦術を練り、チームを2年連続ポストシーズンに導いた。先発投手の球数を厳格に管理することで知られ、豊富なデータは選手の起用法にも生かされる。

 オフのレンジャーズは課題のひとつだった捕手の補強で後手を踏み、アストロズから2番手としてコーポラン(31)を獲得したぐらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る