ダルも利用価値大 レンジャーズ新指揮官は“データおたく”

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(28)の新たなボスであるバニスター監督(50)は現役時代、主に捕手を務めていたこともあり、データを重視する指導者だ。

 昨季までベンチコーチだったパイレーツでは、ハードル監督の右腕として手腕を発揮。12年に米プロスポーツ史上最長となる20年連続負け越しを記録したボロチームが立ち直ったのは、同コーチの功績が大きい。

 バニスター監督は、統計的手法を用いて選手の実力を客観的に分析するセイバーメトリクスの信奉者だ。

 パイレーツではあらゆるデータを分析して戦術を練り、チームを2年連続ポストシーズンに導いた。先発投手の球数を厳格に管理することで知られ、豊富なデータは選手の起用法にも生かされる。

 オフのレンジャーズは課題のひとつだった捕手の補強で後手を踏み、アストロズから2番手としてコーポラン(31)を獲得したぐらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  7. 7

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  8. 8

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る