日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルも利用価値大 レンジャーズ新指揮官は“データおたく”

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(28)の新たなボスであるバニスター監督(50)は現役時代、主に捕手を務めていたこともあり、データを重視する指導者だ。

 昨季までベンチコーチだったパイレーツでは、ハードル監督の右腕として手腕を発揮。12年に米プロスポーツ史上最長となる20年連続負け越しを記録したボロチームが立ち直ったのは、同コーチの功績が大きい。

 バニスター監督は、統計的手法を用いて選手の実力を客観的に分析するセイバーメトリクスの信奉者だ。

 パイレーツではあらゆるデータを分析して戦術を練り、チームを2年連続ポストシーズンに導いた。先発投手の球数を厳格に管理することで知られ、豊富なデータは選手の起用法にも生かされる。

 オフのレンジャーズは課題のひとつだった捕手の補強で後手を踏み、アストロズから2番手としてコーポラン(31)を獲得したぐらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事