• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

敵スコアラー脱帽 日ハム大谷はもう「7年目のダル」を超えた

「4カ月ぶりに見ましたが(昨シーズンとは)だいぶ違いますね」

 西武の亀井スコアラーが舌を巻いた。

 17日、日本ハムの大谷翔平(20)が韓国KIAとの練習試合に先発。3回打者10人に対し、無安打1四球、6奪三振。初回にこの日最速の154キロの剛速球を投げると、三回は打って変わって変化球主体の投球。韓国の打者を子供扱いした。

「全体的に悪くはなかったですね。直球でファウルを取る、変化球を投げる、と試したいことは出来た。四球が余計だったけど、クイックが試せたから、まあいいかな」と、事もなげに試合を振り返った大谷。冒頭の亀井スコアラーがこう言う。

「フォームを見る限り、重心を落としていますね。少なくとも4カ月前に比べたら、左ヒザをグッと曲げて、一瞬ためるようにしてから投げている。あれだと肩やヒザは開かない。バランスが良くなっています。球持ちが長くなっているので、リリースポイントも打者に近くなった。おそらく打者は154キロのボールでも156キロくらいに感じるでしょうね。つまり球速を出すために思い切り投げる必要がなくなったということでもあります。スライダーも軌道が変わった。以前は大きな変化で、打者も手を出しづらかった。でも、今日は直球の軌道から横に滑る変化だった。あれならば打者も手を出しやすくなる。ただし、バットの芯には当たらないでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る