田中将にはかえって重圧に ヤ軍「先発6人制」が抱える弊害

公開日:  更新日:

 メジャー2年目右腕が、今季の巻き返しに必死だ。

 右肘靱帯の部分断裂からの復活を目指すヤンキース・田中将大(26)が19日(日本時間20日)にブルペン入り。ロスチャイルド投手コーチが見守る中、スライダーなど変化球を交えて21球を投げ込んだ。練習後、田中は報道陣に対応することなく球場を後にしたが、球団広報によれば、ロスチャイルド投手コーチに「右肘の状態はいい」と明るい表情で伝えたという。

 今季はチームの方針で、日程が過密になる4月中旬からの1カ月間、通常5人の先発ローテーションに1人追加し、6人で回す予定だ。ロスチャイルド投手コーチは「先発陣に通常より多くの休養を与えたい」と話し、右肘に不安を抱える田中の負担を減らす狙いがあると見られる。

 前半戦の負担を軽くし、ポストシーズン争いが熾烈になる終盤戦に備えさせようとの首脳陣の配慮は、しかし、田中にはかえって負担になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る