男娼買春で獲得断念 D・スチュアート事件の一部始終

公開日: 更新日:

 86年2月、「男娼を買春」という前代未聞の事態で入団がご破算になった外国人投手がいた。

「大丈夫ですよ、岩本さん。人の噂も七十五日。開幕する頃にはみんな忘れてますよ」

 86年1月末、ロスにいた岩本尭巨人渉外担当補佐からの電話に王監督(当時)はこう答えた。

 就任1年目に続き3位に終わり、2年連続で優勝を逃した王巨人は、助っ人投手の獲得に動いていた。前年、2桁勝ち投手は斎藤雅樹、西本聖、江川卓の3人だけ。規定投球回数に達したのもその3人だけだった。

 岩本担当補佐が目を付けたのが当時フィリーズに在籍していたデイブ・スチュアート(28)。187センチ、91キロから投げ下ろす150キロ超のストレートと高速スライダーが武器の本格右腕だった。メジャー5年間で30勝35敗19セーブ。2年間で年俸200万ドル(当時のレートで約4億円)で合意したと米メディアには報じられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る