「心はモヤモヤ」 オープン戦未勝利で日ハム栗山監督もう焦り

公開日:  更新日:

 まだ勝てない。8日のDeNA戦に3-3で引き分けた日本ハムはこれで、オープン戦6試合で未勝利の4敗2分け。試合後の栗山監督(53)は、「ボクの心はモヤモヤしている」と声を絞り出した。

 たかがオープン戦。結果より内容重視だが、この日は先発のメンドーサが三回までに3失点と不安を残した。昨季7勝13敗のこの助っ人右腕が、それでもすでに先発ローテーション入りが確約されるほど投手陣の台所事情は苦しく、攻撃陣も12球団ワーストのチーム打率・189。結果も内容も悪いから、栗山監督の嘆きは止まらない。

「気になるところがあまりにも多過ぎる。野球は勝つために必死にやらないと、形が変わってしまう可能性がある」

 栗山監督は今季が契約最終年。自ら「優勝しか考えていない」と退路を断っているだけに、チームがこのままではモヤモヤしっぱなしだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る