日ハム斎藤佑“ラストチャンス”乱調 投手コーチも厳しい評価

公開日: 更新日:

 首の皮一枚だ。22日のオープン戦(対ヤクルト)に、日本ハムの斎藤佑樹(26)が3番手投手として登板。これまでは2度の実戦でピリッとせず、この日の試合が先発争いのラストチャンスと言われていた。

 結局、五回から4イニングを投げ、2安打3四球1暴投で2失点。それでもこの投球を絶賛したのが栗山監督だった。

「球は良くなってるよね。あれだけ球が良くなれば、投球の幅も広がる。それだけに(六回の先頭から)連続四球はもったいないねえ」

 斎藤に関する質問には笑顔で答えていた指揮官。しかし、本当にそこまで褒める内容なのか。1イニング目の五回はMAX143キロを投げ、右打者の胸元をえぐるシュートも披露。七回も打者3人を軽くねじ伏せた。が、六回と八回は制球がバラバラ。130キロ台に落ちた直球はベース手前で垂れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る