• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム斎藤佑“ラストチャンス”乱調 投手コーチも厳しい評価

 首の皮一枚だ。22日のオープン戦(対ヤクルト)に、日本ハムの斎藤佑樹(26)が3番手投手として登板。これまでは2度の実戦でピリッとせず、この日の試合が先発争いのラストチャンスと言われていた。

 結局、五回から4イニングを投げ、2安打3四球1暴投で2失点。それでもこの投球を絶賛したのが栗山監督だった。

「球は良くなってるよね。あれだけ球が良くなれば、投球の幅も広がる。それだけに(六回の先頭から)連続四球はもったいないねえ」

 斎藤に関する質問には笑顔で答えていた指揮官。しかし、本当にそこまで褒める内容なのか。1イニング目の五回はMAX143キロを投げ、右打者の胸元をえぐるシュートも披露。七回も打者3人を軽くねじ伏せた。が、六回と八回は制球がバラバラ。130キロ台に落ちた直球はベース手前で垂れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る