他球団が警戒 日ハム大谷が見せた“新球”はブラフか本物か?

公開日:  更新日:

「やり残したことはない」

 日本ハムがキャンプを打ち上げた27日、こう言った大谷翔平(20)の「新球」に他球団が警戒を強めている。

 17日の韓国KIA戦で1球だけ投げたボールがそれで、厚沢投手コーチは「(打者を三ゴロに打ち取った)あのチェンジアップはいいね。今年初めて投げた。空振りとファウルが多い投手だから、前に飛ばされるのがいい。球数も減るし、相手に『あるぞ』と思わせることで戦い方も変わる」と話した。

 だが、その1球をチェンジアップと言い切ったのは厚沢コーチのみ。試合を視察した西武の亀井スコアラーは「大谷はこれまでと違った変化のスライダーを投げた。直球の軌道で横に滑るから、打者もつい手を出して凡打になりやすい」と言った。ネット裏では「あれはフォーク?いや、なんだろう?」とクビをひねるプロ野球OBもいたほど。同じ球なのに諸説紛々なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る