• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年で4回も 栗山監督の“辞任癖”に日ハムフロント戦々恐々

 日本ハムのフロントと親会社の幹部たちにとっては、ヒヤヒヤドキドキの毎日らしい。

 ソフトバンクとのファイナルステージがもつれて、勝敗に一喜一憂しているわけではない。今後の戦い方いかんで、栗山監督(53)が辞表を持ってくるかもしれないと内心、ビクビクなのだ。

 今季限りで契約が切れる栗山監督は去る6月29日、契約を1年間延長した。来季も指揮を執ることが決まっているとはいえ、監督の座に恋々とする人ではない。昨年までの2年間で、辞表を出した回数は実に4回。リーグ優勝しながら巨人との日本シリーズに敗れた一昨年も、シリーズ終了直後に「進退伺」を出したという。日本ハムはあくまで栗山監督続投を既定路線にして、水面下で来季のスタッフ改造に着手。仮に栗山監督が辞任しようものなら、構想が根底から崩れてしまう。

「今回のCSも大谷の起用法や継投のタイミングで微妙な場面が何度かあっただけに、本人が責任を感じなければいいが……と周囲は戦々恐々」(ある日本ハムOB)だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る