2年で4回も 栗山監督の“辞任癖”に日ハムフロント戦々恐々

公開日: 更新日:

 日本ハムのフロントと親会社の幹部たちにとっては、ヒヤヒヤドキドキの毎日らしい。

 ソフトバンクとのファイナルステージがもつれて、勝敗に一喜一憂しているわけではない。今後の戦い方いかんで、栗山監督(53)が辞表を持ってくるかもしれないと内心、ビクビクなのだ。

 今季限りで契約が切れる栗山監督は去る6月29日、契約を1年間延長した。来季も指揮を執ることが決まっているとはいえ、監督の座に恋々とする人ではない。昨年までの2年間で、辞表を出した回数は実に4回。リーグ優勝しながら巨人との日本シリーズに敗れた一昨年も、シリーズ終了直後に「進退伺」を出したという。日本ハムはあくまで栗山監督続投を既定路線にして、水面下で来季のスタッフ改造に着手。仮に栗山監督が辞任しようものなら、構想が根底から崩れてしまう。

「今回のCSも大谷の起用法や継投のタイミングで微妙な場面が何度かあっただけに、本人が責任を感じなければいいが……と周囲は戦々恐々」(ある日本ハムOB)だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る