• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷、近藤、石川…補強頼みの巨人が羨む日ハムの若手躍進

「投げて打って……ウチに大谷クンのような若くてイキのいい選手がいたらなぁ」

 巨人関係者がこう言っているという。「大谷クン」とは、二刀流で注目される日本ハムの大谷翔平(20)のことだ。大谷ほどではないにせよ、日本ハムには「若くてイキのいい選手」が何人もいる。

 3日、札幌ドームでオープン戦を行った日本ハムと巨人。

 大谷は立ち上がりの初回に2四球と暴投、3安打で4点を失い、その後も制球はバラバラ。4回を投げて4安打6四球4失点と散々だったものの、他の若手は見せ場をつくった。

 4年目の近藤(21)は四回に巨人先発の大竹から右翼スタンドにソロ。捕手としても制球に苦しむ大谷をリードし、二回以降は失点を許さなかった。七回からマスクをかぶった2年目の石川亮(19)は中村、矢貫とバッテリーを組み、3イニングをすべて3者凡退に。2年目の岡(23)は四球で出塁した二回に盗塁を成功させると、四回には右中間を破る二塁打。開幕スタメンに名を連ねるであろう若手が気を吐いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る