2度目OP戦も松坂散々 「フォーム修正」と「減量」で板挟み

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの松坂大輔(34)が10日、巨人戦(長崎)でオープン戦2度目の登板。3回64球を投げて3安打3四球で2失点、奪三振ゼロという内容だった。

 厳しい寒さの中だったとはいえ、球は高く制球も不安定。初回は無安打で1失点。四球と盗塁、一ゴロで1死三塁とすると、亀井の二ゴロで生還を許した。2回も橋本に中前打を許すと、盗塁と寺内の左前適時打で2点目を失った。ストレート最速は140キロ台前半。当初は4イニングの予定だったが、球数が64球となったため3回での降板となった。

 開幕まで残り3週間を切ったというのに、まるで調子が上がらない松坂。キャンプ序盤から取り組む「フォーム修正」がまだ実を結んでいないということがはっきりしたわけだが、実はもうひとつの“課題”もはかどっていない。

「キャンプ前には『体を絞る』と話していましたが、もうムリなんじゃないですかねぇ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る