2度目OP戦も松坂散々 「フォーム修正」と「減量」で板挟み

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの松坂大輔(34)が10日、巨人戦(長崎)でオープン戦2度目の登板。3回64球を投げて3安打3四球で2失点、奪三振ゼロという内容だった。

 厳しい寒さの中だったとはいえ、球は高く制球も不安定。初回は無安打で1失点。四球と盗塁、一ゴロで1死三塁とすると、亀井の二ゴロで生還を許した。2回も橋本に中前打を許すと、盗塁と寺内の左前適時打で2点目を失った。ストレート最速は140キロ台前半。当初は4イニングの予定だったが、球数が64球となったため3回での降板となった。

 開幕まで残り3週間を切ったというのに、まるで調子が上がらない松坂。キャンプ序盤から取り組む「フォーム修正」がまだ実を結んでいないということがはっきりしたわけだが、実はもうひとつの“課題”もはかどっていない。

「キャンプ前には『体を絞る』と話していましたが、もうムリなんじゃないですかねぇ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る