2度目OP戦も松坂散々 「フォーム修正」と「減量」で板挟み

公開日: 更新日:

 ソフトバンク松坂大輔(34)が10日、巨人戦(長崎)でオープン戦2度目の登板。3回64球を投げて3安打3四球で2失点、奪三振ゼロという内容だった。

 厳しい寒さの中だったとはいえ、球は高く制球も不安定。初回は無安打で1失点。四球と盗塁、一ゴロで1死三塁とすると、亀井の二ゴロで生還を許した。2回も橋本に中前打を許すと、盗塁と寺内の左前適時打で2点目を失った。ストレート最速は140キロ台前半。当初は4イニングの予定だったが、球数が64球となったため3回での降板となった。

 開幕まで残り3週間を切ったというのに、まるで調子が上がらない松坂。キャンプ序盤から取り組む「フォーム修正」がまだ実を結んでいないということがはっきりしたわけだが、実はもうひとつの“課題”もはかどっていない。

「キャンプ前には『体を絞る』と話していましたが、もうムリなんじゃないですかねぇ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る