全敗で悲愴感 「たかがOP戦」で済まない日ハムのお家事情

公開日:  更新日:

 オープン戦はベテランの調整の場であると同時に、実績の乏しい若手にとっては出場機会をつかむチャンスでもある。勝ち負け以上に選手個々の仕上がり具合やプレー内容が重要視されるとはいえ、12球団で唯一、いまだ勝ち星がないのが日本ハムだ。

 12日現在、8試合を戦って0勝6敗2分け。指揮を執る栗山監督は「ボクの心はモヤモヤしている」「すべてはボクの責任。勝てないというのは自分たちがしっかりできていないということ」と悲愴感タップリに嘆いている。

 栗山監督は基本的に捨て試合を作らない。公式戦も144試合すべて勝とうとする。先発が大量点を失えば、それが二回や三回だろうと、ベンチでじっとしていないそうだ。連日のボヤキは負けが許せない性格的なものかと思ったら、日本ハムにはオープン戦を「たかが……」と済ませられない事情があるという。あるOBの話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る