日ハム黒木投手コーチが語った大谷へ“異例助言”の意図

公開日:  更新日:

 日本ハムといえば、選手の個性や自主性を重んじる球団だ。不調に陥ったとしても、首脳陣の方から手を差し伸べるケースはほとんどない。選手が助言を求めて、初めてコーチがアドバイスするスタンス。原則として首脳陣が1、2年目の若手のフォームにメスを入れることが禁じられているともいわれる。

 それでも見るに見かねたのか。オープン戦で2試合続けて乱調の大谷翔平(20)が12日のロッテ戦前、厚沢、黒木両コーチから球場内の一室に呼ばれ、「三者会談」が行われたのだ。厚沢コーチは主にフォームを含めた技術面、黒木コーチは開幕投手に向けた精神面の助言をしたらしい。

 黒木コーチはその意図をこう説明した。

「不調になって立ち直れない、わからないでは困るので、僕は甘い言葉じゃなく厳しいことを言いました。彼もいろいろと考えながらやっているとは思いますが、やはり19、20歳ではわからないこともある。方向性は同じですからその確認です。我々が『こうしろ』と押し付けるようなことはしません。本人が立ち直るきっかけになればいいわけですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る