2戦連続で自滅の日ハム大谷 投手コーチと捕手はどう見た?

公開日: 更新日:

 日本ハムの大谷翔平(20)がまた「自滅」した。

 11日のDeNAとのオープン戦に先発。初回から2四球を与えるなど四回までに要した球数は実に99球。4回を6安打5失点、4四球という散々な内容で降板した。

「思った通りに投げられなかった。自分がこう投げたいと思っているところに投げられていない。技術的な問題? そうですね」とは降板後の本人だ。

 去る3日の巨人戦は4回を4安打4失点、6四球。これで2試合続けて、結果はメロメロだ。オープン戦とはいえ、27日の開幕に向け不安にもなってくるが、さる球団関係者は、「みなさんが思っているほど悪くないと思います。本人はこの時期でもまだいろいろなことを試している段階ですから」と話す。

 厚沢投手コーチの説明はこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る