2戦連続で自滅の日ハム大谷 投手コーチと捕手はどう見た?

公開日: 更新日:

 日本ハム大谷翔平(20)がまた「自滅」した。

 11日のDeNAとのオープン戦に先発。初回から2四球を与えるなど四回までに要した球数は実に99球。4回を6安打5失点、4四球という散々な内容で降板した。

「思った通りに投げられなかった。自分がこう投げたいと思っているところに投げられていない。技術的な問題? そうですね」とは降板後の本人だ。

 去る3日の巨人戦は4回を4安打4失点、6四球。これで2試合続けて、結果はメロメロだ。オープン戦とはいえ、27日の開幕に向け不安にもなってくるが、さる球団関係者は、「みなさんが思っているほど悪くないと思います。本人はこの時期でもまだいろいろなことを試している段階ですから」と話す。

 厚沢投手コーチの説明はこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

もっと見る