大谷への負担増懸念 日ハム投手コーチが先発争いの停滞嘆く

公開日: 更新日:

 自身の投球については何の心配もいらない。

 24日の紅白戦で大谷翔平(20)が先発。4回を4安打に抑え、失点は中田、新外国人のハーミッダのソロ2本のみ。低めと両サイドにズバズバ投げ込み、毎回の9三振を奪った。

 すでに開幕投手が決まっている大谷は「今までの試合の中では良かった方。全体的なバランス、クイックも良かった。(球数が68球だったので)1、2球で終われる打席があればよかったですね」と、涼しい顔。高卒3年目にして、すでにエースの貫禄十分だ。

 それに比べて情けないのは他の先発陣。開幕が決まっているのは大谷と助っ人のメンドーサだけ。木佐貫、中村、武田勝、斎藤、浦野、吉川、上沢らが、低レベルの4枠を争っている。

 厚沢投手コーチが言う。

「先発枠3人目はこいつだとズバぬけている投手がいない。競争といっても、悪い意味です。むしろ、先発争いは停滞しているといってもいい。しばらく様子見ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る