村田は二軍落ちでも開幕先発 巨人のお寒い“三塁事情”

公開日:  更新日:

 巨人の選手会長でもある村田修一(34)が、原辰徳監督(56)から前日の試合後に二軍調整を言い渡されたことで、緊張が走っている。

 チーム全体が貧打地獄に陥っている。チーム打率・227、本塁打は高橋由の1本で12球団ワースト。13日は当初、休養日の予定だったが、坂本ら大半の選手がジャイアンツ球場で打撃練習を行った。明日は我が身という“村田ショック”に他ならない。

 村田の打率は.156。中心選手が開幕まで2週間のこの時期に、故障でもないのに二軍落ちとは穏やかではない。開幕一軍メンバーから漏れる可能性も指摘されるなど、スポーツマスコミはかまびすしいが、チーム関係者は「一時的な話」とこう言った。

「本隊から離れて振り込ませるのが目的。春季キャンプ中は中井が成長の跡を見せて『(村田)修一の背中は見えてきた』と原監督に言わしめた。でもオープン戦に入って失速。最近は藤村や寺内が村田の後に三塁に入っている。この2人が開幕三塁か? 力不足と言っちゃなんだけど、答えはノーでしょう。村田はゴールデングラブ賞の安定した守備がある。たとえ打撃がこのままの状態でも、結局は開幕三塁で使うしかない。代わりがいませんから」

 指揮官は「スイングに強さが戻らなければ、試合では使わない」と話していた通りの厳しい決断を下したとはいえ、開幕までには呼び戻すしかないのが、巨人のお寒い三塁手事情なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る