村田は二軍落ちでも開幕先発 巨人のお寒い“三塁事情”

公開日: 更新日:

 巨人の選手会長でもある村田修一(34)が、原辰徳監督(56)から前日の試合後に二軍調整を言い渡されたことで、緊張が走っている。

 チーム全体が貧打地獄に陥っている。チーム打率・227、本塁打は高橋由の1本で12球団ワースト。13日は当初、休養日の予定だったが、坂本ら大半の選手がジャイアンツ球場で打撃練習を行った。明日は我が身という“村田ショック”に他ならない。

 村田の打率は.156。中心選手が開幕まで2週間のこの時期に、故障でもないのに二軍落ちとは穏やかではない。開幕一軍メンバーから漏れる可能性も指摘されるなど、スポーツマスコミはかまびすしいが、チーム関係者は「一時的な話」とこう言った。

「本隊から離れて振り込ませるのが目的。春季キャンプ中は中井が成長の跡を見せて『(村田)修一の背中は見えてきた』と原監督に言わしめた。でもオープン戦に入って失速。最近は藤村や寺内が村田の後に三塁に入っている。この2人が開幕三塁か? 力不足と言っちゃなんだけど、答えはノーでしょう。村田はゴールデングラブ賞の安定した守備がある。たとえ打撃がこのままの状態でも、結局は開幕三塁で使うしかない。代わりがいませんから」

 指揮官は「スイングに強さが戻らなければ、試合では使わない」と話していた通りの厳しい決断を下したとはいえ、開幕までには呼び戻すしかないのが、巨人のお寒い三塁手事情なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る