巨人・村田の不調で現実味 “あの男”の出戻りコンバート

公開日: 更新日:

 巨人の選手会長に元気がない。原監督に「一番だらしない。スイングが弱い」と系列紙のインタビューを通じてバッサリやられた昨季の開幕4番・村田修一(34)である。4日の日本ハム戦は1安打2四球だったが、前日は大谷の150キロ超にどん詰まり。昨秋からチームで取り組んでいる高速マシン練習の成果を見せられず、3タコだった。

 キャンプ中から「内容が悪い」と不満を漏らしていた原監督も、なかなか状態が上がってこない村田に苛立ちを募らせている。そんな状況で、チーム内でささやかれるのが「あの男」の三塁復帰だという。

「村田がしゃきっとしない中、チャンスのはずの中井も村田を突き上げるほどの結果を出していない。そこで、外野の大田が三塁に戻るのではないかとウワサになっているんです。もともと大型三塁手として期待された大田は、高卒3年目の11年春のキャンプ中に送球難が悪化して、苦肉の策で外野へ転向。原監督は『4番を勝ち取れ』と言うぐらい大田の打撃に期待しているのであって、『7、8番なら他の選手を使うよ』とも話しているように、外野手として期待しているわけではない。層が厚い外野ではレギュラーも厳しいが、大田をどこかで使いたいとも思っている。監督が三塁出戻りを言い出さないとも限らないのです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る