三塁でGグラブも…巨人村田「阿部と一塁併用」の仰天プラン

公開日: 更新日:

 巨人の村田修一(33)が7日、2年連続で三塁手部門でのゴールデングラブ賞に選出された。他には今季限りで捕手を廃業する阿部がその捕手部門で選ばれたものの、常連だった長野が落選するなど、巨人からは2人だけという寂しい現実を突きつけられた。

 川相ヘッドコーチが「村田の守備に何度助けられたか」と言う、安定した守備力で文句なしの選出。一方、4番でスタートした打撃の方は打率.256とさっぱりで、一時は8番に打順が下がるなど苦悩した。チーム内外から皮肉の意味を込めて「守備の人」と言われることに、元本塁打王は納得していない。

■若手や補強組との争いに

 しかし、もっと納得していないのが他ならぬ原監督だ。来季は成長著しい中井大介(24)が三塁に専念。高校通算73本塁打のドラ1ルーキー、智弁学園・岡本和真(18)も三塁で育成される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  5. 5

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  8. 8

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る