三塁でGグラブも…巨人村田「阿部と一塁併用」の仰天プラン

公開日:  更新日:

 巨人の村田修一(33)が7日、2年連続で三塁手部門でのゴールデングラブ賞に選出された。他には今季限りで捕手を廃業する阿部がその捕手部門で選ばれたものの、常連だった長野が落選するなど、巨人からは2人だけという寂しい現実を突きつけられた。

 川相ヘッドコーチが「村田の守備に何度助けられたか」と言う、安定した守備力で文句なしの選出。一方、4番でスタートした打撃の方は打率.256とさっぱりで、一時は8番に打順が下がるなど苦悩した。チーム内外から皮肉の意味を込めて「守備の人」と言われることに、元本塁打王は納得していない。

■若手や補強組との争いに

 しかし、もっと納得していないのが他ならぬ原監督だ。来季は成長著しい中井大介(24)が三塁に専念。高校通算73本塁打のドラ1ルーキー、智弁学園・岡本和真(18)も三塁で育成される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る