三塁でGグラブも…巨人村田「阿部と一塁併用」の仰天プラン

公開日: 更新日:

 巨人の村田修一(33)が7日、2年連続で三塁手部門でのゴールデングラブ賞に選出された。他には今季限りで捕手を廃業する阿部がその捕手部門で選ばれたものの、常連だった長野が落選するなど、巨人からは2人だけという寂しい現実を突きつけられた。

 川相ヘッドコーチが「村田の守備に何度助けられたか」と言う、安定した守備力で文句なしの選出。一方、4番でスタートした打撃の方は打率.256とさっぱりで、一時は8番に打順が下がるなど苦悩した。チーム内外から皮肉の意味を込めて「守備の人」と言われることに、元本塁打王は納得していない。

■若手や補強組との争いに

 しかし、もっと納得していないのが他ならぬ原監督だ。来季は成長著しい中井大介(24)が三塁に専念。高校通算73本塁打のドラ1ルーキー、智弁学園・岡本和真(18)も三塁で育成される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る