原監督の“注射”も効かず…巨人村田「FA入団サード」の呪い

公開日: 更新日:

 貧打にあえぐ巨人は、10日のソフトバンク戦もわずか4安打。オープン戦10試合を終え、12球団で唯一、本塁打が出ていない。

 中でも深刻なのは、6番で出場した村田。松坂世代だが、その松坂に三ゴロ、二ゴロに抑えられるなど3タコ。原監督に「だらしない。振りが鈍い」とカンフル剤を打たれたのはキャンプ終盤。それでも打率.154と一向に状態が上がってこないのだ。

 FA入団の三塁手といえば、小笠原もそうだった。07年からのリーグV3の立役者だが、入団5年目の11年に三塁から一塁に固定されると成績が急落。13年ぶりに規定打席に到達しないシーズンとなり、ここからベンチや二軍生活を余儀なくされていった。13年オフに中日へ移籍。どんなに功労者であろうが、力が衰えればバッサリやる。それが原監督である。

 村田も最近のオープン戦で一塁を守ることがある。公式戦で先発したことはないものの、このまま打てなければ、三塁→一塁→ベンチという流れになりかねない。村田が晩年の小笠原のようになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る