• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原監督の“注射”も効かず…巨人村田「FA入団サード」の呪い

 貧打にあえぐ巨人は、10日のソフトバンク戦もわずか4安打。オープン戦10試合を終え、12球団で唯一、本塁打が出ていない。

 中でも深刻なのは、6番で出場した村田。松坂世代だが、その松坂に三ゴロ、二ゴロに抑えられるなど3タコ。原監督に「だらしない。振りが鈍い」とカンフル剤を打たれたのはキャンプ終盤。それでも打率.154と一向に状態が上がってこないのだ。

 FA入団の三塁手といえば、小笠原もそうだった。07年からのリーグV3の立役者だが、入団5年目の11年に三塁から一塁に固定されると成績が急落。13年ぶりに規定打席に到達しないシーズンとなり、ここからベンチや二軍生活を余儀なくされていった。13年オフに中日へ移籍。どんなに功労者であろうが、力が衰えればバッサリやる。それが原監督である。

 村田も最近のオープン戦で一塁を守ることがある。公式戦で先発したことはないものの、このまま打てなければ、三塁→一塁→ベンチという流れになりかねない。村田が晩年の小笠原のようになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る