高卒8年目の中井が頭角 いよいよ寒い巨人・村田の首筋

公開日: 更新日:

 原監督が、「阿部、村田、杉内、内海の4人に頼らないチームづくり」をテーマに掲げている巨人の今キャンプ。そうはいっても、投手陣では内海と杉内に開幕最有力候補の菅野を加えた先発3本柱は安泰で、一塁に転向した阿部にはライバルになり得る人材がいない。どうせ開幕したらいつものメンバー、との声がチーム内にも少なくなかったのだが、キャンプも中盤を迎えて、ひょっとしたら……と思わせる選手が出てきた。

 若手主体の紅組が25安打21得点を奪い、わずか3得点に終わった主力主体の白組に圧勝した13日の紅白戦。紅組の「1番・三塁」で出場し、4安打を放って気を吐いた中井大介(25)である。このキャンプで、村田修一(34)から三塁のポジション奪取を狙う高卒8年目の内野手だ。

「いや、彼の打撃は最初から目立っていた」

 とは、初日から巨人キャンプを視察する中日の加藤スコアラー。別のスコアラーも、「とにかく打球が速い。ミート力があり、ライナー性の強い打球を打てる。シーズンに入って打席数を与えられれば、かなりの率を残すんじゃないですかね。ちょっと脅威です」と他球団にもマークされる存在になりつつあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る