高卒8年目の中井が頭角 いよいよ寒い巨人・村田の首筋

公開日:  更新日:

 原監督が、「阿部、村田、杉内、内海の4人に頼らないチームづくり」をテーマに掲げている巨人の今キャンプ。そうはいっても、投手陣では内海と杉内に開幕最有力候補の菅野を加えた先発3本柱は安泰で、一塁に転向した阿部にはライバルになり得る人材がいない。どうせ開幕したらいつものメンバー、との声がチーム内にも少なくなかったのだが、キャンプも中盤を迎えて、ひょっとしたら……と思わせる選手が出てきた。

 若手主体の紅組が25安打21得点を奪い、わずか3得点に終わった主力主体の白組に圧勝した13日の紅白戦。紅組の「1番・三塁」で出場し、4安打を放って気を吐いた中井大介(25)である。このキャンプで、村田修一(34)から三塁のポジション奪取を狙う高卒8年目の内野手だ。

「いや、彼の打撃は最初から目立っていた」

 とは、初日から巨人キャンプを視察する中日の加藤スコアラー。別のスコアラーも、「とにかく打球が速い。ミート力があり、ライナー性の強い打球を打てる。シーズンに入って打席数を与えられれば、かなりの率を残すんじゃないですかね。ちょっと脅威です」と他球団にもマークされる存在になりつつあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る