河治良幸氏が解説 ハリルホジッチ采配が読める「伝説の一戦」

公開日:  更新日:

 日本代表新監督のハリルホジッチ(62)には、かつてジャイアント・キリング(番狂わせ)を成し遂げた伝説の試合があった。誰よりも早くポスト・アギーレに推したサッカージャーナリスト河治良幸氏は、2001年8月8日の欧州CL予備予選プレーオフのパルマ戦で見せたハリルホジッチの采配の妙に注目した。

■司令塔・中田英寿を密着マーク

 欧州CL予備予選プレーオフでハリルホジッチ氏率いる仏1部リールの相手は、MF中田英寿を擁するセリエAの強豪パルマだった。今でこそ破産危機が話題に上がっているパルマだが、当時は、のちのイタリア代表主将のDFファビオ・カンナバーロをはじめとする各国代表クラスが名を連ね、日本代表の主力でもあった中田英がトップ下で司令塔役を担っていた。

 一方のハリルホジッチ氏は、00-01年シーズンに1部に昇格させたリールをリーグ3位に躍進させ、CLのプレーオフ出場権を獲得。しかし目立った補強もないまま、イタリアの強豪とのホーム&アウェーに挑んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る