河治良幸氏が解説 ハリルホジッチ采配が読める「伝説の一戦」

公開日: 更新日:

 日本代表新監督のハリルホジッチ(62)には、かつてジャイアント・キリング(番狂わせ)を成し遂げた伝説の試合があった。誰よりも早くポスト・アギーレに推したサッカージャーナリスト河治良幸氏は、2001年8月8日の欧州CL予備予選プレーオフのパルマ戦で見せたハリルホジッチの采配の妙に注目した。

■司令塔・中田英寿を密着マーク

 欧州CL予備予選プレーオフでハリルホジッチ氏率いる仏1部リールの相手は、MF中田英寿を擁するセリエAの強豪パルマだった。今でこそ破産危機が話題に上がっているパルマだが、当時は、のちのイタリア代表主将のDFファビオ・カンナバーロをはじめとする各国代表クラスが名を連ね、日本代表の主力でもあった中田英がトップ下で司令塔役を担っていた。

 一方のハリルホジッチ氏は、00-01年シーズンに1部に昇格させたリールをリーグ3位に躍進させ、CLのプレーオフ出場権を獲得。しかし目立った補強もないまま、イタリアの強豪とのホーム&アウェーに挑んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る