“発掘人”に聞く ハリルホジッチ監督で日本代表はどう変わる

公開日:  更新日:

 今年1月23日のアジア杯準々決勝UAE戦。香川真司(25)のミスでPK戦に敗れた日本代表は、相手の3本をはるかに上回る35本ものシュートを放ちながら、わずか1得点に終わった。日本代表に常につきまとう深刻な決定力不足。12日の日本サッカー協会理事会の承認を得て代表監督に就任するハリルホジッチ氏(62=ボスニア・ヘルツェゴビナ)はこの難問を解決できるのか。ハリルホジッチ氏の“発掘人”ともいえるサッカージャーナリストの河治良幸氏に、サッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏が聞いた。

――ハリルホジッチ監督就任によって、日本代表の攻撃はどのようなスタイルになると思いますか。

「4―3―3、5-4-1、4―2―3―1など多彩なシステムを採用するハリルホジッチ監督ですが、共通しているのはサイドアタックを重視することです。アギーレ前監督のサッカーはサイドから中に入っていくスタイルでしたが、ハリルホジッチ監督はサイドで扇のように広がっていくところに特徴があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る