“発掘人”に聞く ハリルホジッチ監督で日本代表はどう変わる

公開日: 更新日:

 今年1月23日のアジア杯準々決勝UAE戦。香川真司(25)のミスでPK戦に敗れた日本代表は、相手の3本をはるかに上回る35本ものシュートを放ちながら、わずか1得点に終わった。日本代表に常につきまとう深刻な決定力不足。12日の日本サッカー協会理事会の承認を得て代表監督に就任するハリルホジッチ氏(62=ボスニア・ヘルツェゴビナ)はこの難問を解決できるのか。ハリルホジッチ氏の“発掘人”ともいえるサッカージャーナリストの河治良幸氏に、サッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏が聞いた。

――ハリルホジッチ監督就任によって、日本代表の攻撃はどのようなスタイルになると思いますか。

「4―3―3、5-4-1、4―2―3―1など多彩なシステムを採用するハリルホジッチ監督ですが、共通しているのはサイドアタックを重視することです。アギーレ前監督のサッカーはサイドから中に入っていくスタイルでしたが、ハリルホジッチ監督はサイドで扇のように広がっていくところに特徴があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る