実績文句なしのハリルホジッチ氏 日本代表で苦労必至の理由

公開日:  更新日:

 サッカー日本代表新監督に就任が決まったバヒド・ハリルホジッチ氏(62)が13日、成田空港着の航空機で来日した。居合わせたファンと握手するなど、長旅の疲れも見せずに迎えの車に乗り込んだ。そして同夕方には、都内で就任記者会見に臨んだ。

 2月3日、前監督アギーレ氏が八百長疑惑を理由に解任されてから5週間余り。10人以上の有力候補者の名前が飛び交ったが、代表監督選定の責任者である霜田技術委員長、前技術委員長の原専務理事は、新監督決定に肩の荷が下りたのか、12日の発表会見で穏やかな表情を浮かべていた。

「もうひとつ、懸念されていた案件もクリアになり、それで両人ともホッとしていた」と某マスコミ関係者がこう続ける。

「日本代表は27日(チュニジア戦=大分)、31日(ウズベキスタン戦=東京)にテストマッチの日程が入っており、是が非でもハリルホジッチ新監督に采配を振って欲しかった。10年南アW杯の後、ザッケローニ氏が代表監督に就任したが、就労ビザが間に合わなかったので9月4日のパラグアイ戦(横浜)、7日のグアテマラ戦(大阪)は原技術委員長(当時)が監督代行として指揮を執った。今回も監督代行となると注目度は激減してしまい、放送するテレビ局、スポンサー企業に顔向けできない。新監督はボスニア・ヘルツェゴビナ出身だが、フランス国籍を有しているので就労ビザもすんなり取得できた。ラッキーでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る