ハリル氏はまるでトルシエ&オシム 自信家で頑固どう影響?

公開日: 更新日:

 日本代表ハリルホジッチ新監督(62)のキャラクターは、来日記者会見(13日)のコメントにちりばめられていた。

「負けるということが大嫌い」「負けた時には病気になってしまう」「世界で一番強い相手でも勝つためのトライをする」「トライをしないで負けるというのが最悪だ」

 ボスニア・ヘルツェゴビナ出身でフランス国籍を持っているハリルホジッチ監督。会見ではフランス語を駆使しながら「ワタシはネガティブなコトを言うのが嫌い」と言い切った。会見序盤は、無表情のまま淡々と話していたが、途中から熱を帯びてくると大声でまくしたてることもあった。

「新監督の記者会見に出席して持った印象は、元代表監督のトルシエとオシムを足して2で割ったようなタイプの指揮官という印象を持った」と、あるサッカー記者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る