先発陣異常事態の巨人から聞こえるソフトBへの“恨み節”

公開日: 更新日:

 巨人がこのオフ、本当に欲しかった助っ人外国人は、オランダ出身のリック・バンデンハーク(29=韓国・サムスン)という投手だったという。しかし巨人は、2年総額4億円を提示したソフトバンクの後塵を拝した。この助っ人はキャンプ中に左内転筋に張りを訴え、今日、明日の侍ジャパン戦に臨む欧州代表を辞退しているが、「間違いなく日本で成功する投手」と巨人の球団関係者も太鼓判を押す実力の持ち主らしい。

 10日に巨人は長崎でソフトバンクと対戦する。相手の先発はあの松坂である。巨人はこの怪物の争奪戦でもソフトバンクに敗れた。同じ宮崎でキャンプを行い、松坂人気に根こそぎ観客を持っていかれた因縁の相手でもある。

「あの2人が取れていれば……」

 27日の開幕まで3週間を切って、こんな声が聞かれるほど巨人の先発投手陣がやばい。原監督が「ベテラン2人が離脱しているから」と指摘する内海は上半身の張り、杉内は寝違えによる首痛で登板を回避。指揮官は「2人」と言うが、2月28日のヤクルト戦で3回6安打3失点と打ち込まれた菅野も、登板を1度飛ばし、ミニキャンプ中である。先発3本柱がここにきて離脱するという異例の事態となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  5. 5

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  6. 6

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る