日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発陣異常事態の巨人から聞こえるソフトBへの“恨み節”

 巨人がこのオフ、本当に欲しかった助っ人外国人は、オランダ出身のリック・バンデンハーク(29=韓国・サムスン)という投手だったという。しかし巨人は、2年総額4億円を提示したソフトバンクの後塵を拝した。この助っ人はキャンプ中に左内転筋に張りを訴え、今日、明日の侍ジャパン戦に臨む欧州代表を辞退しているが、「間違いなく日本で成功する投手」と巨人の球団関係者も太鼓判を押す実力の持ち主らしい。

 10日に巨人は長崎でソフトバンクと対戦する。相手の先発はあの松坂である。巨人はこの怪物の争奪戦でもソフトバンクに敗れた。同じ宮崎でキャンプを行い、松坂人気に根こそぎ観客を持っていかれた因縁の相手でもある。

「あの2人が取れていれば……」

 27日の開幕まで3週間を切って、こんな声が聞かれるほど巨人の先発投手陣がやばい。原監督が「ベテラン2人が離脱しているから」と指摘する内海は上半身の張り、杉内は寝違えによる首痛で登板を回避。指揮官は「2人」と言うが、2月28日のヤクルト戦で3回6安打3失点と打ち込まれた菅野も、登板を1度飛ばし、ミニキャンプ中である。先発3本柱がここにきて離脱するという異例の事態となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事