早くも打撃爆発のDeNA筒香に「幻の巨人移籍話」があった

公開日: 更新日:

 巨人が主砲候補を獲得すべく、DeNAの筒香嘉智(23)に狙いを絞ったのは、ほんの2年前のことである。

 ある球界関係者がこう言う。

「13年のことです。この年、高卒4年目の筒香はどん底にいた。開幕3連戦が9タコに終わると、あっさり中村紀に三塁のポジションを奪われた、あの年です。筒香は二軍でコロコロと打撃フォームを変えながら試行錯誤したが、首脳陣のアドバイスには耳を貸さない頑固な性格。中畑監督がこれにサジを投げた。シーズン終盤は事実上、二軍に干された状態で、この年は23試合で打率.216、1本塁打。これに巨人が目をつけた。筒香が欲しいと。しかし、交換要員に折り合いがつかなかったこともあって、話はまとまらなかった。もし、巨人の方が一線級の投手を出していたら、移籍が実現していたかもしれなかった」

 その筒香が今季、スタートから大爆発。114試合で22本塁打を放った昨季の活躍で評価を改めた中畑監督に「筒香は4番。彼と心中する」とまで言わしめ、その期待に応えた。巨人との開幕3連戦で13打数6安打、打率.462、2本塁打、4打点。前日28日の2戦目は、東京ドーム右中間席後方の看板直撃弾を放つなど4安打。ケタ違いのパワーで巨人ベンチをも唖然とさせた。昨29日も2打席目に中前へ適時打。チームは1勝2敗と負け越したものの、敵の巨人から「筒香は今季、とんでもない数字を残すかもしれない。三冠王になっても驚かない」との声が出るほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣