中畑監督抜擢 DeNA新人ストッパー山崎康晃の意外な評判

公開日:  更新日:

「荷が重いんじゃないの?」と思ったムキもいるだろう。

 DeNAの抑えにドラフト1位新人の山崎康晃(22)が抜擢された。昨年21セーブを挙げた三上が右肘痛でリタイアしたこともあり、山崎は「緊迫した場面で投げるのが好き。ストッパーで開幕から活躍したい」と意気揚々。中畑監督も「ウチであれだけの球を放るやつはいない」と信頼を寄せている。

 新人年に抑えとして活躍した投手は与田(中日)、佐々岡(広島)らがいる。ただ、開幕から抑えをやるのは珍しいが、「意外とやれる」との声もある。

 山崎は亜大時代に抑えを経験。3年秋の明治神宮大会では抑えでフル回転し、優勝投手に。大学日本代表でも守護神を任された。スポーツライターの安倍昌彦氏が言う。

「山崎は新人とはいえ、抑え起用がハマると思う。短いイニングでの集中力の高さ、絶体絶命のピンチで100%以上の力を出す瞬発力もある。走者を背負ってもあのインステップから右打者、左打者のグリップや膝元あたりを狙ってバットをへし折る場面も見た。先発よりも抑えで力を発揮できるタイプだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る