敦賀気比が北陸勢初V センバツが“東高西低”なぜ様変わり?

公開日: 更新日:

 敦賀気比(福井)の優勝で幕を閉じた第87回選抜高校野球。福井県としてはもちろん、北陸に春夏通じて初の優勝旗をもたらした。

 近年の高校野球で顕著なのが北海道、東北、北信越など雪国勢の躍進だ。かつては「高校野球弱小地区」といわれ、初戦負けは当たり前。それが今大会は松商学園(長野)を除いた5校がいずれも初戦を突破した。決勝にしても敦賀気比としのぎを削ったのは東海大四(北海道)だった。

 北照(北海道)、八戸学院光星(青森)、仙台育英(宮城)など、雪国でも野球強豪校は以前からあった。その多くは他県から有望な中学生をかき集めてつくったチーム。地元出身の部員だけで甲子園を勝ち進んだ学校はまれだった。

 しかし、そんな1県1強状態を打破すべく、他の学校も野球に力を入れるようになった。私学に負けじと、公立校でも体育科や推薦制度を利用して、野球のうまい中学生を受け入れる。そうやって私立と公立が切磋琢磨することで、かつての野球後進地方は力をつけていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る