• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

県岐阜商・高橋にもスカウト辛口 今センバツは“凶作”の大会

「ドラフト候補? 県岐阜商の高橋がいるじゃないか。アイツはいいぞ。ダルビッシュ(現レンジャーズ)や田中(現ヤンキース)クラスの逸材だぞ」

 パ球団のベテランスカウトがあくびをかみ殺しながらこう言うと、前の席に座っていた他球団のスカウトが振り返って「口からデマカセばっかり」と、大笑いする。

 県岐阜商の右腕・高橋純平(183センチ、76キロ)が評判を独占しているセンバツ甲子園。スポーツ紙は「12球団絶賛」「安楽以上」「大谷級」とかまびすしい。しかし、冒頭のベテランスカウトは「確かに好投手ではあるけど……」と、こう続ける。

「いきなり一軍という投手ではないものの、直球の威力、スライダーのキレは評価できる。気になったのが三回に速球から変化球中心に投球スタイルを変えた初戦の松商戦。本人は『力んで制球がバラバラになった』と話していた。もし、力んで常に制球が乱れるようならば評価は下がる。肩は柔らかく腕の振りもいいけど、どうも上体に頼っているフシもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る