県岐阜商・高橋にもスカウト辛口 今センバツは“凶作”の大会

公開日:  更新日:

「ドラフト候補? 県岐阜商の高橋がいるじゃないか。アイツはいいぞ。ダルビッシュ(現レンジャーズ)や田中(現ヤンキース)クラスの逸材だぞ」

 パ球団のベテランスカウトがあくびをかみ殺しながらこう言うと、前の席に座っていた他球団のスカウトが振り返って「口からデマカセばっかり」と、大笑いする。

 県岐阜商の右腕・高橋純平(183センチ、76キロ)が評判を独占しているセンバツ甲子園。スポーツ紙は「12球団絶賛」「安楽以上」「大谷級」とかまびすしい。しかし、冒頭のベテランスカウトは「確かに好投手ではあるけど……」と、こう続ける。

「いきなり一軍という投手ではないものの、直球の威力、スライダーのキレは評価できる。気になったのが三回に速球から変化球中心に投球スタイルを変えた初戦の松商戦。本人は『力んで制球がバラバラになった』と話していた。もし、力んで常に制球が乱れるようならば評価は下がる。肩は柔らかく腕の振りもいいけど、どうも上体に頼っているフシもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る