“カモ”の中日に大敗 今季の巨人はどこからも「貯金」稼げない

公開日:  更新日:

 1日、巨人が0-9で中日にボロ負けした。まだ5試合とはいえ、連敗で借金生活突入である。

 先発の大竹寛(31)が誤算だった。毎回先頭打者を出し、3回持たずに4失点でKO。原監督は「うちのペースで試合を運べなかった。原因はある。大竹はオープン戦から良くない。期待を込めて送り出したんだけど……」と嘆くしかなかった。

 大竹は通算83勝のうち中日から20勝。かつて、落合監督時代の中日を異常なまでにライバル視していた原監督。このキラーぶりに目をつけ、広島からFAで獲得した経緯がある。

 移籍元年の昨季も9勝中6勝が中日戦。期待に応えた格好だが、裏を返せば、他のチームには通用しなかったということ。中日に打たれれば、もはや存在意義すら薄れてくるのだ。

 中日キラーの神通力に陰りが見え始めた一方、この日の試合では巨人キラーをよみがえらせてしまった。右ヒジの手術を乗り越えた中日・吉見一起(30)に、708日ぶりの1勝を献上。巨人打線は6回を散発2安打、三塁ベースすら踏ませてもらえなかった。2番手の浅尾にも1イニングをぴしゃりと抑えられた。四回以降は1人の走者も出せず、今季初の完封負けである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る