“カモ”の中日に大敗 今季の巨人はどこからも「貯金」稼げない

公開日: 更新日:

 1日、巨人が0-9で中日にボロ負けした。まだ5試合とはいえ、連敗で借金生活突入である。

 先発の大竹寛(31)が誤算だった。毎回先頭打者を出し、3回持たずに4失点でKO。原監督は「うちのペースで試合を運べなかった。原因はある。大竹はオープン戦から良くない。期待を込めて送り出したんだけど……」と嘆くしかなかった。

 大竹は通算83勝のうち中日から20勝。かつて、落合監督時代の中日を異常なまでにライバル視していた原監督。このキラーぶりに目をつけ、広島からFAで獲得した経緯がある。

 移籍元年の昨季も9勝中6勝が中日戦。期待に応えた格好だが、裏を返せば、他のチームには通用しなかったということ。中日に打たれれば、もはや存在意義すら薄れてくるのだ。

 中日キラーの神通力に陰りが見え始めた一方、この日の試合では巨人キラーをよみがえらせてしまった。右ヒジの手術を乗り越えた中日・吉見一起(30)に、708日ぶりの1勝を献上。巨人打線は6回を散発2安打、三塁ベースすら踏ませてもらえなかった。2番手の浅尾にも1イニングをぴしゃりと抑えられた。四回以降は1人の走者も出せず、今季初の完封負けである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る