マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スライスを本気でなおすには強いフックフェースのドライバーを使え

公開日: 更新日:

 ゴルフの祭典、マスターズ。今年で79回目を迎えるが、昔も今も共通していることがある。それは、右打ちの場合、ドロー(フック)が持ち球の選手が有利なこと。レフティーの場合は、フェード(スライス)が有利なのだが、これには理由がある。

 マスターズが開催されるオーガスタナショナルGCはドッグレッグホールが7つあるが、そのうち左ドッグレッグが6つもある。この6ホールでは、右から左に曲がるドロー(フック)が打てると、コースなりに打てて距離を効率良く稼げる。加えてパー5の2番と13番は、ティーショットでドロー(フック)がうまく打てると2オンが楽に狙え、バーディー、イーグルの奪取率が大幅に上がってくるのだ。

 マスターズで有利なドローボールはアマチュアの憧れの弾道でもあるが、これがうまく打てる人はそう多くない。

 昔も今も、アマチュアの多くは、左から右に曲がるスライスが持ち球になっている。その証拠に昔も今も、ゴルフ雑誌では「脱スライス」のレッスン記事が数多く出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  5. 5

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る