• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スライスを本気でなおすには強いフックフェースのドライバーを使え

 ゴルフの祭典、マスターズ。今年で79回目を迎えるが、昔も今も共通していることがある。それは、右打ちの場合、ドロー(フック)が持ち球の選手が有利なこと。レフティーの場合は、フェード(スライス)が有利なのだが、これには理由がある。

 マスターズが開催されるオーガスタナショナルGCはドッグレッグホールが7つあるが、そのうち左ドッグレッグが6つもある。この6ホールでは、右から左に曲がるドロー(フック)が打てると、コースなりに打てて距離を効率良く稼げる。加えてパー5の2番と13番は、ティーショットでドロー(フック)がうまく打てると2オンが楽に狙え、バーディー、イーグルの奪取率が大幅に上がってくるのだ。

 マスターズで有利なドローボールはアマチュアの憧れの弾道でもあるが、これがうまく打てる人はそう多くない。

 昔も今も、アマチュアの多くは、左から右に曲がるスライスが持ち球になっている。その証拠に昔も今も、ゴルフ雑誌では「脱スライス」のレッスン記事が数多く出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る