日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

テークバックをしないでボールを飛ばすとフォローがみるみる大きくなる

 男子ツアーに先駆けて、いよいよ今週から国内女子ツアーが始まった。

 開幕戦となるのはダイキンオーキッドレディス。沖縄・琉球GCには国内シード選手に加え、米ツアーに参戦中の宮里美香、上原彩子、有村智恵、横峯さくらがスポット参戦している。

 さて、この女子ツアー初戦。今週末から地上波でテレビ観戦できることもあり、楽しみにしている人も多いだろう。もちろんボクもそのひとりで、今年注目しているのは工藤遥加プロ。今季からソフトバンクで指揮を執る工藤公康監督の娘さんだが、とにかくゴルフのスケールが大きい。体格に恵まれているだけでなく、スイングもダイナミックで美しい。ドライバーのヘッドスピードは47メートル。飛距離は260ヤードを超えてくる。将来は米ツアーでの活躍が期待される若手の注目株である。

 工藤プロのスイングはインターネットで動画を見ることができるが、とにかくフォロースルーが大きい。手打ちとは真逆で、体幹をフルに使って大きく振り抜いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事