マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

練習場の打席選びでスイングパターンが分かる!

公開日: 更新日:

 先週の国内女子ツアー2戦目は3ホールに及ぶプレーオフの末、韓国の李知姫が3年ぶりにツアー優勝を果たした。李は本戦の18番、そして勝利をつかんだプレーオフ3ホール目でロングパットを見事に決め、追いすがる鈴木愛を振り払って勝利を手に入れた。

 今回のテレビ放映では飛球線後方の映像が多く、選手たちのスイング軌道、持ち球、そしてアドレスする場所を見ることができた。映像としての臨場感もさることながら、あらためて、アドレスする場所(ティーアップ位置)とスイングとの間には密接な関係があることが確認できた。

 本題に入ろう。前回、ゴルファーのスイングは2つのタイプがあると書いた。アウトサイドイン軌道になるタイプと、インサイドアウト軌道のタイプとがある。

 そして実はティーアップする場所、練習場での打席の位置でスイングタイプというのはほぼ分かるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る