マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

1円玉を飛ばすドリルでアプローチがうまくなる

公開日:  更新日:

 先週のTポイントレディスはプレーオフにもつれ、その模様はインターネット中継で見ることができた。勝った飯島茜選手の持ち味は正確なショットとパッティング。

 プレッシャーがかかる場面でもショットにもパットにも一切迷いがなく、最後はバーディーパットを見事に決めて優勝を手にしている。

 国内女子ツアーも今週で4戦目となり、お花見シーズンもやってきた。半袖でプレーできるゴルフ場も増えてきたが、この時季、アマチュアにとってプレッシャーがかかるのがグリーン回りのアプローチだ。

 フェアウエーの芝はまだ完全に生えそろっていないし、ゴルフ場によってはフェアウエーに砂がまかれている所もあるからだ。練習場のマットと違って、この時季のフェアウエーはヘッドをきっちり入れないと、ザックリのミスが出てしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る