マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

1円玉を飛ばすドリルでアプローチがうまくなる

公開日: 更新日:

 先週のTポイントレディスはプレーオフにもつれ、その模様はインターネット中継で見ることができた。勝った飯島茜選手の持ち味は正確なショットとパッティング。

 プレッシャーがかかる場面でもショットにもパットにも一切迷いがなく、最後はバーディーパットを見事に決めて優勝を手にしている。

 国内女子ツアーも今週で4戦目となり、お花見シーズンもやってきた。半袖でプレーできるゴルフ場も増えてきたが、この時季、アマチュアにとってプレッシャーがかかるのがグリーン回りのアプローチだ。

 フェアウエーの芝はまだ完全に生えそろっていないし、ゴルフ場によってはフェアウエーに砂がまかれている所もあるからだ。練習場のマットと違って、この時季のフェアウエーはヘッドをきっちり入れないと、ザックリのミスが出てしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る