マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

プロのアドバイスは万人に役立つわけではない

公開日: 更新日:

 先週の国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」は台湾のテレサ・ルーが、最終日7バーディー、ノーボギーの「65」をマークし通算14アンダーとして優勝。昨年11月の「LPGAツアー選手権リコーカップ」からの連勝を飾った。

 今週発売のゴルフ雑誌でもツアー速報の記事が大きく取り上げられていたが、それに負けず劣らず誌面を割いているのがツアープロによるレッスン記事だ。

 飛距離アップ、スライス矯正法、アプローチやバンカーショットの打ち方等々、どの雑誌も技術に関する記事が、これでもかってぐらい掲載されている。

 さて、このレッスン記事。

 どのプロも与えられたテーマに関して真面目に技術指導しているが、読む時にはそれなりの心構えが必要だ。アマチュアのスイングは皆同じではない。スイングタイプが異なれば、プロが発したアドバイスは薬になる人もいれば、毒になってしまう人もいるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る