単独首位の日ハム 快進撃支えるのは“20代のベテラン”たち

公開日:  更新日:

 日本ハムOBが「連勝はベテラン勢のおかげ」と言う。

 8日の西武戦にも快勝し、6年ぶり7連勝と勢いが止まらない日ハム。まだ11試合が終わっただけとはいえ、単独首位を走っている。

 チーム打率.265はリーグトップ、防御率2.57はリーグ2位。中でも若手野手陣の活躍が目覚ましい。今季から遊撃にコンバートされた中島(24)が3割を打てば、大卒2年目の岡(23)も打率.273。捕手陣も二塁への送球難に苦しむ近藤(21)が「ならばバットで」と言わんばかりに打率.324と活躍すれば、高卒2年目の石川亮(19)も打率.375と好成績を残している。

 いずれもハタチ前後の選手ばかり。他球団なら二軍で真っ黒になってボールを追いかけている年頃の選手たちが、一軍で活躍しているのだ。

 一方、ベテランで活躍している野手といえば、打率.357の田中(33)くらいのもの。冒頭のOBが「ベテラン勢」と言う割には数が少ないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る