単独首位の日ハム 快進撃支えるのは“20代のベテラン”たち

公開日: 更新日:

 日本ハムOBが「連勝はベテラン勢のおかげ」と言う。

 8日の西武戦にも快勝し、6年ぶり7連勝と勢いが止まらない日ハム。まだ11試合が終わっただけとはいえ、単独首位を走っている。

 チーム打率.265はリーグトップ、防御率2.57はリーグ2位。中でも若手野手陣の活躍が目覚ましい。今季から遊撃にコンバートされた中島(24)が3割を打てば、大卒2年目の岡(23)も打率.273。捕手陣も二塁への送球難に苦しむ近藤(21)が「ならばバットで」と言わんばかりに打率.324と活躍すれば、高卒2年目の石川亮(19)も打率.375と好成績を残している。

 いずれもハタチ前後の選手ばかり。他球団なら二軍で真っ黒になってボールを追いかけている年頃の選手たちが、一軍で活躍しているのだ。

 一方、ベテランで活躍している野手といえば、打率.357の田中(33)くらいのもの。冒頭のOBが「ベテラン勢」と言う割には数が少ないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る