日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム2年目・岡大海を「右の糸井」に変えた“ケガの功名”

 栗山監督が親しい関係者に「あれは右の糸井になる」と漏らしているという。2年目の外野手・岡大海(23)のことだ。

 明大時代は投手兼野手の二刀流。入団1年目の昨季から、俊足と投手あがりの強肩はずばぬけていた。しかし、身体能力の怪物である「糸井」とまでは言われなかった。たった1年で何があったのか。

 きっかけは昨季5月の二軍戦。ベースを踏んだ時に左足を痛め、「左足裏靱帯断裂」および「左足リスフラン関節脱臼骨折」と診断され、その後のシーズンを棒に振った。岡が言う。

「足のケガだから練習が何もできなかったのがつらかったですね。でも、幸いにも上半身は何ともなかったので、ひたすら筋トレですよ」

 松葉づえなしで歩けるようになったのは8月。それまでの3カ月間、ひたすら筋トレに励んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事