日ハム2年目・岡大海を「右の糸井」に変えた“ケガの功名”

公開日: 更新日:

 栗山監督が親しい関係者に「あれは右の糸井になる」と漏らしているという。2年目の外野手・岡大海(23)のことだ。

 明大時代は投手兼野手の二刀流。入団1年目の昨季から、俊足と投手あがりの強肩はずばぬけていた。しかし、身体能力の怪物である「糸井」とまでは言われなかった。たった1年で何があったのか。

 きっかけは昨季5月の二軍戦。ベースを踏んだ時に左足を痛め、「左足裏靱帯断裂」および「左足リスフラン関節脱臼骨折」と診断され、その後のシーズンを棒に振った。岡が言う。

「足のケガだから練習が何もできなかったのがつらかったですね。でも、幸いにも上半身は何ともなかったので、ひたすら筋トレですよ」

 松葉づえなしで歩けるようになったのは8月。それまでの3カ月間、ひたすら筋トレに励んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    阪神藤浪は0勝で25%減更改 現役ドラフト導入なら1位指名

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る