• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム2年目・岡大海を「右の糸井」に変えた“ケガの功名”

 栗山監督が親しい関係者に「あれは右の糸井になる」と漏らしているという。2年目の外野手・岡大海(23)のことだ。

 明大時代は投手兼野手の二刀流。入団1年目の昨季から、俊足と投手あがりの強肩はずばぬけていた。しかし、身体能力の怪物である「糸井」とまでは言われなかった。たった1年で何があったのか。

 きっかけは昨季5月の二軍戦。ベースを踏んだ時に左足を痛め、「左足裏靱帯断裂」および「左足リスフラン関節脱臼骨折」と診断され、その後のシーズンを棒に振った。岡が言う。

「足のケガだから練習が何もできなかったのがつらかったですね。でも、幸いにも上半身は何ともなかったので、ひたすら筋トレですよ」

 松葉づえなしで歩けるようになったのは8月。それまでの3カ月間、ひたすら筋トレに励んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る