2戦連発4号の日ハム中田 「信頼される4番」への不安材料

公開日:  更新日:

「オフに食事のことをいろいろと教えてもらって。胃が小さくなってメシが食われへんのよ。鶏肉とか、皮は絶対に取ってるし。皮は一番カロリーが高いから。ナイター終わりもほとんど食べてない。それでできてるわけやから。疲れやすくなってるけど、動きやすいしね」

 7日の西武戦の試合前のこと。報道陣を前に好調の理由を得意満面で話したのが日本ハムの中田翔(25)だ。この日も第2打席で左中間に弾丸ライナーの先制4号2ランを放つなど6連勝のチームを引っ張っている。

 本人によれば、好調の要因はオフの自主トレから始めた肉体改造。今季はキャンプ前から親しいトレーナーの指導のもと、食事を厳選。試合前は野菜中心にしたり、2日に1度は体重増につながる炭水化物を抜いたりして、体調管理に努めているとか。おかげで昨シーズン終盤に107キロあった体重は現在93~94キロ。体のキレを取り戻したことが、本塁打量産につながっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る