• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2戦連発4号の日ハム中田 「信頼される4番」への不安材料

「オフに食事のことをいろいろと教えてもらって。胃が小さくなってメシが食われへんのよ。鶏肉とか、皮は絶対に取ってるし。皮は一番カロリーが高いから。ナイター終わりもほとんど食べてない。それでできてるわけやから。疲れやすくなってるけど、動きやすいしね」

 7日の西武戦の試合前のこと。報道陣を前に好調の理由を得意満面で話したのが日本ハムの中田翔(25)だ。この日も第2打席で左中間に弾丸ライナーの先制4号2ランを放つなど6連勝のチームを引っ張っている。

 本人によれば、好調の要因はオフの自主トレから始めた肉体改造。今季はキャンプ前から親しいトレーナーの指導のもと、食事を厳選。試合前は野菜中心にしたり、2日に1度は体重増につながる炭水化物を抜いたりして、体調管理に努めているとか。おかげで昨シーズン終盤に107キロあった体重は現在93~94キロ。体のキレを取り戻したことが、本塁打量産につながっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る